むくみサプリで利尿作用はどれだけ効果がある?

むくみサプリに使われている成分で多いのは、カリウムです。野菜や果物に多く含まれているミネラルで、余分なナトリウムと水を排出する効果があります。

ただ、足のむくみをとるサプリは利尿剤とは異なり、ミネラル成分を整える調整役として使うものです。利尿剤は腎臓に働きかけて再吸収を防ぐことで尿量をアップさせたり、脳に働きかけて再吸収の量を減らします。

それにたいして、サプリは水分の浸透圧や体内の水分量を整えるものなので、劇的に尿量がアップするというわけではありません。
とはいえ、今までカリウムが不足していた人であれば、利尿作用は強く出る可能性があります。今まで夕方になるとむくみでパンパンになっていた脚の症状が解消される可能性もあります。

また、むくみサプリではメリロートを主成分としたものが多いです。メリロートは比較的効果の強い成分で、これは利尿作用が強いので、尿の回数が多くなりすぎて困る可能性もあります。
副作用として肝機能障害を起こすことがあるとも言われています。
副作用を起こすほど効果が強いということですが、利尿作用が強すぎる場合は使用時は少し考えた方がいいでしょう。

病的なむくみでない限り、むくみサプリで脚のむくみは解消される可能性が高いです。ただし、人によっては効き目が感じられるまで時間がかかることもあります。
サプリは利尿剤よりも腎臓や肝臓に負担をかけにくいのがメリットですが、まったく無害というわけではないので気をつけましょう。