どの銀行でもキャッシュカードでカードローンすることは可能?

キャッシュカードでカードローンするには、キャッシュカードにクレジットカードの機能や、ローンカードの機能を付けるかして、一体型のカードにすれば、キャッシュカードでカードローンが可能となります。銀行に預金口座を開設する際に、機能を付けるように選択して、所定の審査を受けて無事に通ればカードローンできるようになります。口座を開設した後から手続きをするのも可能です。ただし、信用情報に問題がある方や専業主婦や年金生活者以外の無職の方であれば、通らない可能性もあります。就職をした後や、信用情報に記載されるマイナス情報が消去されてから申し込みをするといいでしょう。

キャッシュカードでカードローン借り換えをするには、銀行の総合口座の中に定期預金を預け入れておく方法もあります。定期預金を担保にして、お金を自動的に用立てることができるからです。通常使っている口座がマイナスになった時に、自動的に充当されます。限度額は定期預金の残高の8割程度となることがほとんどです。比較的金利は低いですが、早く返さないと貸越利息が引かれますので気をつけましょう。返済は総合口座にお金を入れておけば自動的に返済されます。

また、銀行の総合預金口座に当座貸越の機能がつけられていると、自動的に残高が充当されます。料金の支払いに自動引き落としを利用している場合にも一時的に立て替えることができますし、デビットカードが付いているキャッシュカードを利用して、クレジットカードの一回払いの代わりに決済をして、残高が足らないと差額分の立替払いをしてもらえます。自動的に返済されずに、所定の日に立て替えた差額分の引き落としがされることもありますので、口座に十分な金額を用意するようにしましょう。